HOME > しあわせコラム

しあわせコラム

霊感・霊視占い
 
電話占いで数ある占術のなかでも一番人気なのが霊感・霊視占いです。短時間で的確に答えが出せるということで電話占いにはとても向いているからかもしれません。今回は霊感・霊視占いの特徴や良いところ、悪いところなど探ってみたいと思います。
 
 
 

霊視とは?

 
 
霊感

霊視とはいったいどういったものなのでしょうか。よく直感が鋭いとか、第六感が働くとかありますが、それとはやや違うようです。ただ本質的には直感も何らかの意思に促されて、自然と誘導されている場合があり、自分で考えているようで動かされているということはあります。ただここではそういうのは除いて、鑑定ができるレベルの霊感を取り上げたいと思います。
 
簡単に言うと霊視は目に見えない存在からの意思を感じ、見えないものを視ることだと思います。目に見えない存在とは神様や守護霊、ご先祖様、精霊などで、そのつながるものによってはメッセージも変わってきたりします。
 
例えば、低い次元のものとつながっていると言葉や印象が冷たかったり、攻撃的であったりもします。反対に高い次元のものだと広く、大きく、深い愛情のメッセージであることが多いようです。
 
ただ目に見えない世界は人智で計ることのできないものですので一概にこれはこうだと決めつけることはできないです。
 
 
 

霊感で伝えてはいけないもの

 
 

霊感で伝わるものというのは基本的に人の為にならなければならないです。目に見えない存在から伝わるメッセージというものは本当にその人の為になるような尊いものだと思います。
 
そのメッセージを伝えることで本人のためにならないのであれば、「伝えてはいけないと」ストップがかかることもあります。例えば良いことであっても伝えてしまうことで本人が努力しなくなったり、争いの元になってしまうようであれば止められてしまいます。これは本人の魂の成長の妨げにならないようにするためというのもあります。
 
また、霊感者は特にそうですが、自分自身のことを教えられることはあまりありません。よほど自分に対して祈願や行をかけて、他人の何倍もやって、やっと少し教えてもらえるくらいのようです。これも自分に起こる試練を前もって知ってしまうと、何も自分の魂の成長にはつながらないためだからです。
 
霊感の本質は魔法のように何もかも知ることができるのではなく、人生を歩むうえでの補助であったり、取り返しのつかないような大きな難を避けるための転ばぬ先の杖のようなものなのです。
 
 
霊感・霊視と匠の占術であなたの未来を読み解きます。
口コミで当たると評判の電話占いオラクルの馬車では霊感・霊視占いが得意な占い師をご紹介します。通話料無料で本格的な電話鑑定が受けられます。
 
鑑定のご依頼は受付0120-066-848までお問い合わせください。
受付時間 午前11:00~深夜2:00
 
 
 
 

利益優先は霊感を失う

 
 
空と光

霊感は自分の利益のためではなく、人を助けるためにあることは何となくわかると思います。では霊感を用いて金銭や何かしらの利益を上げてはいけないのでしょうか。
 
そんなことはないと思います。人助けに霊感を使って、利益を上げることは何も悪い事ではありません。ただし、法外な利益を得たり、利益優先で行動したりすると良くありません。例えばお金に目がくらみ、利益優先で本来の目的をないがしろにした場合、霊感自体をとられてしまうなんて話はよく聞きます。
 
さらに与えられた役目を放棄してしまうと命までとられてしまうこともなかにはあるようです。意味があって霊感を授かっているので、霊感者はその意味をよく考えて、驕らず人助けの精神で使命を全うしなければいけません。
 
 
 

霊感・霊視占いで気を付けること

 
 
神秘的な力
 
霊感・霊視占いは統計学的な占術とは違い、本人に合った細やかなアドバイスで、決して計ったような一律の答えではありません。的確でそのものずばり本質をついてきます。
 
かなり痛いところをズバッと突いてくるアドバイスになることがあるので受け入れがたい場合もあるようです。ただ、その辺は伝える側の問題もあり、表現や言葉の選び方で随分と印象が変わってきます。
 
霊的なアドバイスやメッセージは理解して受け入れてもらわなければ意味がないので伝える内容は慎重に、そして的確でなければいけないと思います。
 
そして、聴く側にも気を付けなければいけないことがあります。疑いや力試しのような気持ちで誠実ではない心のままで鑑定を受けると、霊感者はあまり視えなかったり、まったく答えが出せないことがあるようです。
 
電話占いでは生年月日や姓名などが必要だとしている占い師の鑑定は、霊感ではないという話を聞きますが、そんなことはないです。なかにはまったくの統計学の場合もありますが、歳や名前から入って、そこから霊感がかかって霊的につながり、広がっていって目に見えない存在から答えを教えてもらえたりします。
 
霊感・霊視占いは会話をしながら、心を開いていくことで鑑定がスムーズになり、より詳しいことを聴くことができるようになるので質問者の協力も必要になってきます。
 
 
 

なぜ霊感・霊視占いが電話占いで人気なのか

 
 

霊感・霊視占いは人智を超えた超感覚的な力で占います。目に見えない存在からメッセージ、映像、声などで伝わってきます。
 
占い師の霊能力が高く、聴く側との波長が合うとまるでその場にいたかのような情景がポンポンと視えてきます。相手の本当の気持ちや今置かれている状況などとても詳しく視えてくるようです。まるで映画のスクリーンを見ているかのようにはっきりと見えることもあるようです。
 
ただし、占い師の能力、体調、時期、状況、環境によって視え方も変わってきたり、まったく霊感が働かなかったりすることがあるのでそこが短所かもしれません。
 
タロットや統計学の占術でも霊感がかかっていれば、それは偶然ではなくなりますし、統計学的な占いでもそこから手繰り寄せて霊感で詳しく視ることもできます。
 
 
霊感・霊視占いはつながりさえすれば相談内容にもよりますが、声だけで占う電話占いにとても合っていると思います。
 
そして深く視えてくると、ただ結果や状況を知るだけでなく、問題の本質や自身の改善しなければいけない点など、本当の意味での解決につながるのではないかと思います。
 
他の占術に比べて相談内容を選ばず、詳しく柔軟に視ることができる点が電話占いで人気の理由なのではないでしょうか。そして人智を超えた神秘的な力を感じることができる点も人気の理由の一つかもしれません。
 
 
 

まとめ

 
霊感・霊視占いは、質問者が心を開いて鑑定に協力することで深く視ていくことができます。反対に心を閉ざしたり、疑いの心でいると視えにくくなってしまい答えが出ないこともあるのでそこは気を付けたほうがいいかもしれません。
 
能力や状況にもよりますが、占い師が高い次元とつながり本当の意味で人の為になるような霊感の使い方をしてくことでさらに霊感が高まり、より質の高い鑑定ができるのではないでしょうか。 
 

カテゴリー:電話占いの占術

2018-07-28

私が電話占いで鑑定をさせて頂く時に占術の一つとして使っている四柱推命についてお話したいと思います。
 
 
自然
 
 
 

天中殺は成長するための期間

 
良く耳にする『天中殺』という言葉ですが、一般的に天中殺の期間は何もせずじっと過ごすべきといった解釈をする人が多いですが、四柱推命ではこの天中殺を前向きにとらえ『生まれ変わるチャンスの時期』と考えています。
 
もちろん自分の利益になる事を追求してはいけないということは変わりありませんが、天中殺は自分を成長させるための勉強期間、もしくは人助け、ボランティアなどの奉仕活動をする事で徳を積む時期と解釈しています。
 
これはバネが大きくジャンプするために一旦、縮まなければならないように。天中殺の期間にしっかりと自分の才能や能力を高めたり人に親切にしたりすることで大きく活躍するためのエネルギーを自分に充満することが出来るという考え方です。
 
 
 

天中殺の過ごし方でその後が決まる

 
恋愛や結婚で苦戦していると思う人は天中殺の期間にこれまでの恋愛観を変えることが出来れば、天中殺が明けてから素敵な恋が出来るようになるでしょう。
 
また、仕事が思うようにいかなかったり、お金で困っていたりする人も天中殺の期間にしっかりと修行して人格を磨くことで社会で活躍出来るようになるでしょう。
 
このように天中殺の期間の行いによって、その後の人生が変わってきます。だからこそ、この期間に自分の魂の成長を意識することが大切です。
 
また、天中殺の異常性といって、普段起こらないような事が起こったりもします。
 
例えば一度も交通事故を起こした事が無い人が事故を起こしたり、何年も芽が出なかったお笑い芸人が一発芸で大人気になるなど、良くも悪くも起こる事が有ります。
 
 
 

天中殺の時期に家の購入は大凶


天中殺について一部ご説明致しましたが、天中殺は他に空亡(くうぼう)、大殺界と呼ぶ人も居ます。
 
この時期に結婚、転職、独立、引越し、海外旅行、家の購入など全て大凶とされ、特に家の購入やリフォームなどは最悪の場合、命を落とすとさえ言われています。

四柱推命は歴史も長く高い地位を得てきた占いです。当たる当たらないといったことに一喜一憂するのではなく四柱推命に隠された真実を読み取ることで人生をより幸せな方向に導く事が重要であると考えています。
 
 

最後に

 
人生の岐路は一度や二度では有りません。誰でも悩み苦しみながら答えを出さなければならないのです。

電話占いを通してその答えを見つけ出すお手伝いができればと心より思っております。
 
 
 

◆このコラムを書いた先生

 
電話占いオラクルの馬車 京穂先生
京穂先生…鋭い霊感と多彩な占術であなたの現状や近未来を読み解きます。的確なアドバイスと心に寄り添う癒し鑑定で希望の光が見えてきます。
 
 
 
 
霊感・霊視と匠の占術で未来を読み解きます。
「彼の気持ちを知りたい 」「彼は運命の人なのか教えてほしい」「前世からのつながりは?」などの恋愛相談から、仕事、対人関係、心のお悩み、特に復縁、浮気、不倫などの複雑な恋愛問題まで、霊感・霊視と匠の占術で実力派占い師が占います。
 
 
鑑定のご依頼は受付0120-066-848までお問い合わせください。
受付時間 午前11:00~深夜2:00

カテゴリー:電話占いの占術

2018-06-08

 
前世という言葉を一度くらいは聞いたことがあるのではないのでしょうか。人は何度も生まれ変わります。それは1回や2回ではありません。何度も輪廻転生を繰り返します。
 
それは何のためなのか?どのように生まれ変わるのか?電話占いでも鑑定のなかで占術として前世占いを行っている占い師もいます。今回は前世について深く掘り下げてみたいと思います。みなさんの参考になれば幸いです。
 
 
 

前世とは?


前世とは、今世より以前の人生のことです。前世の記憶がある人もなかにはいますが、大半の人は記憶には残っていないものです。ただ、子供の頃は記憶にあったけど大人になるにつれてなくなる人もいます。
 
人は何度も生まれ変わっているのはみなさんもご存知かと思います。でも、肉体は一度失ってしまうと再生することは不可能で、生まれ変わるのは魂だけです。
 
なぜ魂は生まれ変わるのか。どうやって生まれ変わるのか。
 
 
 

この世は途切れることなく永遠

 
宇宙
 
 
この世の中は目に見えない大きな力が働いて、万物が宇宙の法則で動いています。すべては理に則して運行しています。人間から見たら考えられないくらい大きな力で、すべては途切れることなく未来まで続いています。
 
自然界にあるものも生まれてきては消えることを繰り返しています。一見失われたように感じるものでも、何かしらのものは残っていて受け継ぎ未来へ続きます。
 
途切れることのないように、永遠に続くように流れており、人の魂もまた、永遠ではないかもしれませんが生まれ変わるようにできています。
 
 
 

人は何のために生まれ変わるのか?

 
生まれ変わる
 
 
人が生まれ変わる目的とは一体何でしょうか。いくつも理由はあるかもしれませんが、最大の理由は魂を磨くためではないでしょうか。この世のすべては意味があって動いていますので、それが一番理に適っていると思います。
 
魂を磨くために人生には様々な試練や出来事が起こってきます。たとえそれを避けて通り過ぎたとしても、その先にまた同じようなことが待っています。やらなければいけないことは魂に刻まれ消化するまで何度でも起こります。
 
 
 

今世の行いが前世と合わせて来世に影響する

 
人間が一生のなかでしてきた徳や罪などはすべて自分に返ってくるようにできています。そして自分が関わるもの、身内や先祖もまた自分に返ってきます。これらは今世だけで完結するのではなく、来世にまで影響するのです。
 
すべては帳尻が合うようにできています。今世だけですべて返ってくればわかりやすいかもしれませんが、そうすると人生の終わり際で起きた出来事の報いが消化できずに終わってしまいます。
 
あんなに悪い事ばかりしているのに何も困ることがないなんておかしいと言う人がいますが、それは今世で返ってきていないだけで来世には必ず相応の報いがあるものです。
 
 

前世で出会い、今世でまた出会う

 
前世で恋人
 
 
前世で親子だった人が今世では、夫婦や兄弟としてもう一度出会ったりすることがあります。また、前世では医者だったり、芸術家だったりした場合も、また同じような職業についたりします。
 
それは前世での行いから来る影響です。元々持っている好き嫌いや向いているもの、得意なものなどは前世でも同じようなことをしていたり、得意だったり、その道の専門家だったりしているはずです。
 
恋愛でいうと、前世で相手と未消化の恋愛をしてきた場合、今世で再び出会い愛を分かち合い学ぶために、もう一度お互いが強烈にひかれあう恋をすることがあるようです。
 
親子や夫婦として今世でまた出会うということは何かしらの魂が学ばなければいけないことがあるはずです。その出逢った意味を考え、自分を省みて日々生活することが魂の成長につながるのではないでしょうか。
 
 
前世や過去世を知りたいなら電話占いオラクルの馬車へご相談ください。霊感・霊視で前世占いのできる鑑定師がお待ちしております。
 
 

電話占いで前世を視てもらう

 
前世を知るにはやはり、霊的な力のある人に視てもらうのが一番です。例え前世の記憶が残っている人でもそれはほんの一部分であり、今世とのつながりの意味は分からないはずです。
 
そこで霊感のある占い師に鑑定をお願いすると良いでしょう。前世からわかることはたくさんあると思います。自分の前世を知ることで、今世や来世の生き方を考えるきっかけになるのではないでしょうか。
 
 

カテゴリー:電話占いの占術

2017-02-23

現在世界には数多くの占術があります。
その数は100を越えるとも言われています。その中でも深い歴史があり、「当たる」と言われている占術の1つに土占い(ジオマンシー)があります。
 
 
土占い(ジオマンシー)
 
 
 

土占い(ジオマンシー)の発祥


魔術とも呼ばれるこの占いはお名前や生年月日、出生地で占う統計学的なものではなく、神託や預言といった神秘的で不思議なチカラを持った占いです。日本ではあまり知られていませんが、欧米ではとても人気があり有名です。
 
大地の精霊からのメッセージである土占いは9世紀ごろに生まれ、ルネサンス期のヨーロッパで大流行しました。
 
魔術、交霊術といった要素を持つこの占いは非常に的中率が高く、特に隠れた問題点を深い洞察で炙り出すことができます。
 
ただ解釈が複雑で、的中率を上げるにはこの占術に精通していて、チカラのある熟練者でなければ容易にはできません。
 
中世の土占いは石や土砂を手に握り、投げて地面に描かれた形を読み取り、基本の16パターンの形と答えに作り出された形を当てはめていきます。
 
フランス皇帝ナポレオンも、これに似た占いを実践していたとも言われています。また、アラブ世界に伝わる説話の中に土占いが出てきているワンシーンもあります。
 
根本的には同じですが、時代とともに形を作り出す方法は変わってきました。現在は石や土砂の代わりに紙とペンを使い、質問を決め、手が動くままに点を打ち、その後点の数で形を読み取り16パターンの基本の形を作り出します。
 
 
 

土占い(ジオマンシー)の占い方

 
勿論電話占いでも本格的に占うことができます。基本は紙とペンをご準備していただくこと。深呼吸をし、肩の力を抜きます。
 
まずはシンプルでなおかつ具体的な質問を決めていただきます。頭で質問を唱えながらペンを持っていただき、紙に点を打っていきます。
 
自然と手が止まりますので止まるまで点を打ちます。4回同じ事を繰り返します。その後それぞれの点の数を数え、点から作り出した形を基本のパターンに合わせ鑑定していきます。
 
また、紙とペンがご準備できない方には呼吸を整えていただき、頭に浮かんだ数字から形を作り出す方法があります。
 
もっと奥深く視ていきたい方には16回点を打っていただき、形を作り出し答えを導きだす方法もあります。
 
 
 

どんな質問にも答えを出すことができる


土占い(ジオマンシー)は様々な質問に答えを出してくれますから、恋愛は勿論のこと仕事や対人関係などあらゆる鑑定が可能となります。
 
馴染みが無い日本では独特で不思議な感じがするかと思いますが、的中率が意外に高いことに驚かれるでしょう。
 
電話占いでどんな問題でも一度占ってもらえば、きっと納得できる答えが見つかるのではないでしょうか。>>電話占いオラクルの馬車
 
 

カテゴリー:電話占いの占術

2014-06-10

ページトップ

Copyright © 2014 Basha Inc. All Rights Reserved.