HOME > しあわせコラム

しあわせコラム

スターチューリップ

こんにちは、皆さまお元気でいらっしゃいますか?
春でございますねー。
 
春。心理的には心が揺れ動きやすい時期でもあります。温かになって気持ちもほんわかしてくる時期なのですが、進退問題や転職や異動、もちろん恋愛のことなどもあれば環境が変わる時期でもあります。
 
そこでついつい先にあれこれ考えて、お気持ちがナイーブなお方ですとそのついついが深みにはまったりして心が身動きできなくなってしまいます。
 
「こうなってしまったらどうしよう…」と頭を抱えて考え込んでがんじがらめになってしまいます。ご自身でその考え方を転換出来たらそこから抜け出していけるのですが、それってなかなか難しい時もあるものです。
 
 

負(陰)のエネルギーをそのままにしないことが大切

 
そのついつい考え込んでしまうと、糸が絡んでほどけなくなってしまうような思考になります。それが心の負のエネルギーになってしまい、そのままにしておくと心ががんじがらめになってしまいます。
 
がんじがらめだと要らない考え方も招いて、悪い方へ悪い方へと気持ちが傾いてしまい、そのままでは困ってしまいます。

それを客観的にも見ながら守護様や他の助けの言の葉からのメッセージで、その絡んでしまった糸(心理状態)をやんわりほどいて、どちらへ向かうのがいいのかのアドバイスに耳を傾けていくと、心の中に出来てしまった負のエネルギーがやんわり溶けていくのですね。
 
 

陰と陽とのバランスが大切

 
考え込んでしまうのが良くないわけではないのです。その考えることが一歩前に進む原動力になっていたらOKなのですね。
 
その為には陰と陽のバランスを整えていくと前に進むことがじっくり起こしていかれます。(原動力になっていないと負のエネルギーががんじがらめなままです)

そのバランスを整える時に守護様方のメッセージに耳を傾けたり、信頼のおけるご友人やご家族のアドバイスに耳を傾けたりして、自分の気持ちばかりに偏らないようにしていくのが良いのですね。鑑定師をお使いになることもこうした時にはいいものです。

バランスを整えていかれると、心のわだかまりや偏りを溶かし、視野も広くなって考え方が柔軟になっていかれます。(陽のエネルギーが動き出していきます)

人の心も行動も良い時もあれば、そうでない時もあるのが人生です。いいことづくめだなんてあるはずもない。
 
ならば今言いましたように、陰と陽のバランスを整えることを繰り返しながら、少しずつ心のポテンシャルを高めていけたら、今までの自分に起きてきたことが起きなくなったり、起きたとしても解決に時間がかからなくなったりと良い方へ変わっていくのです。
 
 

明るい思考が開運の鍵

 
バランスが整えれるようになってきたら、思考を明るい方へと向き替える心理作業が楽になってきます。そこが開運の鍵になっていくのです。

自分の運気が向上していくのは、誰かに何かを取り繕ってもらうのではなく、自分自身でつかんで作って踏ん張って立ち上がっていく心の力です。

手っ取り早いのが悪口を言わない愚痴をぽろぽろ話さないことです。そうした言葉を話す人は顔に如実に表れてしまうのですよ。見る人が見たらすぐわかってしまいます。人を褒めたりありがとうと思う気持ちが増えていくと、良い方へと流れを変え表情も明るく豊かになっていきます。
 
 

あとがき


明るい考え方。
負(陰)のエネルギーをそのままにしないで、陽へと心を動かしていく。
それは自分自身の心の向き合い方考え方です。
 
あなた様がしあわせになっていくための、身近な転換方法ですね。

今日よりも明日へ。

明日よりも未来へと心を明るくしてまいりましょう。
 
 
 

◆このコラムを書いた先生

 
白花先生 白花先生…前世・過去世を視て本質を読み解き、あらゆる問題を解決。未来を見通す透視能力であなたのミチシルベとなります。
 

カテゴリー:スピリチュアル

2017-03-17

ページトップ

Copyright © 2014 Basha Inc. All Rights Reserved.