電話占いオラクルの馬車TOP > しあわせコラム

しあわせコラム

 
運命
 
 
 
運命の人!との出会いは、ある日突然訪れます。
初めて会ったのに、とても不思議な感覚があるのです。「どこかで会った気がする」「懐かしいなぁ」「その人と一緒にいたら安心する」「じっと目を見つめてしまう」こんな感覚があったらその相手の人は運命の人!といってもいいでしょう。
 
はるか昔の前世で、既にふたりは出会っているのです。輪廻転生を繰り返して過去に何度も巡り会ってきた人なのです。魂は相手のすべてを知りつくしているので、懐かしさや、再び会えた安心感が湧き出てきます。こちらが無理にくっついていようとしなくても、自然と出会う機会が増えたり、一緒にいられる機会が増えます。
 
ただ、せっかく目の前に運命の人との出会いが訪れているのに全く気付かない人もいるのです。今ある幸せに意識を向けれない人。気が落ちていて、常にネガティブオーラをズルズルと引きずっている人。イライラ、モヤモヤをコントロールできない人。
 
こんな人は目の前に素敵な運命の人が現れても気づかないのです。流れが悪いな、嫌な事ばかりだなと感じる時こそ、気持ちを落ち着かせる冷静さが大事です。
 
私は運命の人と出会い必ず幸せになるんだ!と自分に暗示をかけるのもいいでしょう。そうする事で自然と流れも変わり、自分の周りに男女問わずいい人が寄ってきます。その中に運命の人もいるかもしれませんよ。

あなたが運命の人と出会い、たくさんの幸せが訪れますように!

カテゴリー:スピリチュアル

2016-02-06

 
皆さま、神社へ伺う時、時間帯はいかがなさいますか?学校の帰り、お仕事の帰り。 お買い物のついで。そのような時間帯で伺っていることもあるかもしれませんね。

遠くの大きな有名な神社や大社などへ伺う時は、休日を利用されたりするので明るい日中に行かれる方も多いと思うのですが、例えばご近所の氏神様へお詣りに伺う時、「ご近所だし」と夕方にひょっこり行かれてしまうこともあるかもしれません。
 
「幸せになるためには、パワースポットへ行かなくちゃ♪」そう思われていらっしゃる皆さま。そのパワースポットも、伺って良いタイミングと良くないタイミングがあることを、覚えておかれてくださいませ。
 
良く聞かれる内容で言えば、「逢魔が時からは伺ってはいけない」ということですね。これは夕方の4時以降は、神社という神聖な気の場所でも、神聖が故にそうした場を求める邪な気のものは、その逢魔が時以降に神社の気にあたりに来たりしています。目には見えない不可思議な気配は、そうしてそばに来ていたりもするものです。
 
その邪なものと波長が合ってしまうと、何かの障りが起きたりすることも稀にあったりもしますね。神社へ行ってお詣りしてきたのに、帰ってくる最中から、寒気がする・背中が痛い・足が急に重たくなってしまった、などなど。感受性の高いお方は、その場が同じであるのに、逢魔が時を過ぎたあたりから、場の気配が変化したことや、何かしらの気配に気が付かれたりすることもあるでしょう。その直感が実は大切だったりいたします。
 
直感のピピピという感度は、ご自身の感度にプラスして、守護様方のご配慮となる感度も加わっていたりもいたします。守護様方があなた様をお守りしたいお気持ちから、『その場へ行くのはやめなさい』としたメッセージを送られていることがあるからなのです。
 
神社へ伺うのがどうしても夕方になってしまうような時、馴れている神社だとしても、直感がピピピっと 「行くのはよそう」 と感じたら、また後日にと変更いたしましょう。日を改めて、お天気の良い午前中などに再度伺いお詣りをいたしましょう。
 
幸せになるためにと思い伺う場だとしても、何があるかわからないものです。これはなにも神社へ伺う時の為だけに働くアンテナではありませんよ。ご自身の幸せキャッチのためには、必要な幸せアンテナです。
 
あなた様の直感のアンテナ感度を日頃から磨いて、ピピピと幸せキャッチをしやすくしていきましょう。磨いて磨いて。きっとあなた様にとっての幸せをキャッチしていかれることでしょう。
 
 

カテゴリー:スピリチュアル

2016-01-28

ページトップ

Copyright © 2014 Basha Inc. All Rights Reserved.